ページトップへ

2018.10.12(金)

9月に体験レッスンに来て、10月からレッスンが始まりました。上尾の中学2年生のAさん。

しっかりと夢を持っているAさんは、10年間バレエを習っているそうです。そして高校生になったら宝塚音楽学校を受験したいとのこと。

体験レッスンでは複式呼吸を中心にレッスンしました。部活は合唱部に入っているそうですが特に複式呼吸のことはやってないようでした。横隔膜がどこにあって、どんな風に動くのかを詳しく説明しました。分かっていて呼吸するとずっとずっとイメージがつきますよね。

体験レッスンした複式呼吸を家でコツコツと取り組んでいたことはすぐに分かりました。次のレッスンにはマスターしていました。とても努力家さんです!

またレッスン中の返事も目を見て「はい」ときちんと受け答えができます。私もとても気持ちがいいです。

バレエを習っている生徒さんは、普段から自分の体のことをコントロールしているからでしょう…どこがよかったか、何ができるように変化したか等々、歌う感覚をつかむのが早いなぁと感じます。

また歌詞の朗読がとても上手。内容を理解してよく通る声で読めました。歌の表現力の助けになるので大事なことです。

歌い始めのこの気持ちをいつまでも忘れることなく、プロの道に進んでいって欲しいと思います。

 

 

2018.10.2(火)

昨日、宝塚音楽学校から大きなポスターとチラシが送られてきました。

生徒さん(福島凜果さん)が本科生にいる関係で教室に送られてきたのです。みんないいお顔!   キラッキラの笑顔が溢れています。嬉しくて教室にさっそく貼らせてもらいました。

今、森音楽教室には3名の生徒さんが来年宝塚音楽学校を受験するためレッスンに励んでいます。いい刺激になりますように…。

 

 

 

2018.9.14(金)

7月にヴォイスレッスンを受けたいという大人の生徒さんFさんが入会しました。半年くらい前にピアノのレッスンを始めたとのこと。音楽が本当に好きな方なんだなあとお話していて感じます。

今日は3回目のレッスンでした。それまでは複式呼吸の練習をメインにやっていました。慣れてきたので発声を多くいれてやってみました。

体が歌う姿勢になって、深い呼吸で歌うと響きのある声が出ています。生徒さん自身も驚いていました。響きのある声は歌っている人にとっては『大きな声』に感じるでしょうね。初めの感覚はそれでいいと思います。

私が大切にしていることは、生徒さん自身の楽器が響くことです。歌は体が楽器です!    力まずに自然に声が出ること。

3回目でFさんの楽器が響いたことは嬉しいです。高音も楽々鳴っていました。

また滑舌をよくするために「外郎売り」の台詞を読んでいます。こちらも回を重ねるごとに読めるようになってきています。

お仕事しながら大変でしょうが、音楽することで日頃の疲れを癒していってください。

 

2018.8.31(金)

お世話になっている方のお孫さんを2ヶ月間レッスンすることになりました。

五歳になったばかりのRちゃん。

人見知りをするとお母さんに聞いていましたが、初めのうちは目もあわない感じで下を向いていました。いつもよりも私もテンション高く、元気に歌いましたがRちゃんは恥ずかしかったようです。

4回目のレッスンの時に、お家では大きな声で歌いながら練習していると聞いたので思いきって「二人だけでレッスンしてみませんか」と提案してみるとウンとのお返事。何気なく話しかけると色々お話してくれました。これならレッスンは大丈夫と確信しました!

大きな声で歌えるとニッコリ。手遊びを一緒につけて歌えるとまたニッコリ。

できることがいっぱいになってきました。

ひらがながまだ読めないのでドレミファソを色えんぴつを使って覚えました。棒にささる音符と線に挟まれている音符。お耳がある音符と毎回色を塗りながらしっかりと一人で読めるまでになりました。吸収力の早さに私もビックリです。

一人でレッスン室に入れるようになった頃には「明日もピアノがないかなぁ」とお家で言っていると聞いて私もニッコリ。

短い期間でしたがRちゃんにとって音楽することが楽しいことと感じでもらえたら私は嬉しいです。

上尾にくることがあったら、また遊びに来てくださいね。

小さなピアニストさん!

 

 

 

2018.8.5(日)

歌うささえとは何か?についての講座に参加しました。東京・目白教育ホールにて川井弘子先生。

私自身もささえが足りないと日々痛感していることなので、大変興味深いお話でした。

◆ささえは、締めるvsゆるめる?

◆ささえは、引っ込めるvs出す?

◆どこを?   なぜ必要?

中学生の頃、私は男の先生にレッスンしていただいてました。毎回ジャージで行き床に寝てお腹の上に重い本を乗せられ腹筋を鍛えるという指導を受けました。腹筋は鍛えられたかもしれませんが、それが歌う時にどんな風に役にたったのか、また連動して歌えたのかは…ウーン、今思い出しても分からないことだらけです。

川井弘子先生の話を聞いた後で講座に参加している方の中から歌いたいと希望した方が実際に演奏してささえをどう感じているかを実践。

先生のアドバイスでガラッと声が変化していきます。先生に手を引っ張られて歩いただけで柔らかい響きへ変化。目から鱗!!

私も早速、講座で聞いた色々なことをすぐに試してみると…わぁ、違う!(実感)

生徒さんにもレッスンで伝えていきたいです。

 

2018.7.17(火)

2週間前に川井弘子先生のボディ・マッピング講座を受講してきました。講座では『音楽家ならだれでも知っておきたいからだのこと』の本を中心に勉強してきました。ボディ・マッピングとは自分の頭の中に自分がどのように描かれているかということだそうです。ボディ・マップが正確ならば動きが(演奏)うまくいくということ。

本を事前に目を通してはみたものの、何だかよく分からず???マーク一杯で、心配でしたが楽しく得ることの大きい講座でした。少人数の講座でしたので質問もしやすく、和やかな雰囲気の中6時間目まで進んでいきました。

実際に人体模型で骨の仕組み、体のバランス、腕の関節、呼吸の構造、演奏中の足の動きなどなど。

最後は自分の楽器を実際に演奏。私は「からたちの花」を歌ったのですが、先生は的確に私の足のバランスが取れていないと言われ、重心のつかみ方を丁寧に話してくださいました。すると楽に歌うことができました。すぐに効果を感じることは驚きでした。体幹も鍛えた方がいいとのこと。さっそくギムニック社のバランスボールを注文してちょっとした隙間時間。またバランスボールに座りながら歌の練習を始めました。

講座で勉強したことは少しづつ生徒さんに伝えていきたいと思います。

 

2018.7.10(火)

川島町にお住まいのTさんが今日からレッスンスタート。

桶川の混声合唱団で5年ほど歌っているとのこと。歌の楽しさがどんどん増してきて声楽個人レッスンで基礎から学びたいとのことで体験レッスンをしてから入会。

 

体験レッスンは複式呼吸からやってみました。口角が上がった状態で息を吐き出すことがちょっと難しそうでした。上顎に息をまわすためにはこの筋肉を動かすことはとっても大切です。

体験レッスンから今日までの間にお家で沢山練習したのでしょう。肩の力も抜けてとても上手に息の出し入れが出来るようになっていました。

色々なことを吸収しようとしている姿が素晴らしいと感じます。また出来たことを表情に出してくださるので、こちらとしても伝わったんだなぁと理解できます。

コーラスも、独唱も…。     両方の楽しさを学んでいきましょう。

 

 

2018.6.29(金)

埼玉会館にてお昼時の50分間を休憩なしの軽い感じのランチコンサートに行って来ました。

programスタートは、中田喜直作曲   「魚とオレンジ」の全曲。私は通して聴くのは初めてでした。勉強しようと1曲目は譜読みしたことがありましたが抽象的すぎて挫折。もっと深いところまで入っていかれなかったな~と思い出しながら聴いていました。全曲聴くと素敵。まるで一人舞台を演じているような演奏でした。最初の曲で会場がぐっとひき込まれたように感じました。

解説も楽しくて、あんな風に私もコンサートの時に進めていけたら…と大変得るものの大きいコンサートでした。

 

 

2018.6.27(水)

伊奈町の小学5年生のHさんが体験レッスンをしてから、今日から入会されました。

幼稚園2年間ほどピアノを習っていたそうで経験者さん。偶然にも私が初歩のレッスンで使用する「みんなのおけいこ     ①②」の教材で勉強していたのでレッスンの組み立てもスムーズに進んでいけると思いました。

体験レッスンでは、自力で弾けるようになった大好きな『アナと雪の女王』を楽しそうに演奏してもらいました。ポピュラーや映画主題歌ってリズムが複雑なんです。たぶん楽譜の音符ではこのリズムを理解できてないんだろうなぁとは感じましたが耳と体で上手にノリながら弾いていました。

 

体から音楽が溢れていてピアノ大好き!!が見ているこちらにもバンバン伝わってくるHちゃんのピアノ。

幼稚園の先生になりたいと目標もしっかりあり、これからの成長が楽しみです。

耳のいい生徒さんはイメージしている音楽がある分、指先や腕の力みによって

指がまわらない時、すべってリズムが出ない時に壁にぶつかる場合があります。

指のテクニックも合わせて一緒に練習していきましょう。

 

COPYRIGHT © 2016 Mori Yoko Music School All Rights Resereved.