ページトップへ

 

2019.4.18(木)

1年ほど前に体験レッスンにいらしたMちゃん。その時は他の習いごととの兼ね合いもあり入会されませんでした。

3月にお電話をいただき、今年はピアノレッスンを始めたいとのことで4月からレッスンに通っています。他の教室には行かないで森音楽教室を選んでいただいたことが嬉しいです。

 

入ってすぐになってしまうのですが、2年に1度の発表会。せっかくですからとお話をしたらお母さんは出てほしいな、観てみたいなとのこと。Mちゃんもやってみる!の一事で6月の発表会に出演することになりました。何でも挑戦してみることは大事ですね。やる気を感じました。Mちゃんが発表会に出て良かったと心から思えるように選曲します。

 

“日々のストレス発散やくじけそうな時の秘密兵器としてピアノの存在があればいいなぁ”      とお母さんが思っているそうです。秘密兵器って言葉はいいですね。

 

私も親に怒られた時や自分自身納得のいかないことがあった時はピアノに向かい合っていました。ピアノを弾くことで心のザワザワを沈めていた記憶があります。

 

長く長く、ピアノを楽しんでいかれるようにレッスンしていきましょう。

 

 

2019.4.13(土)

東京都美術館で4月23日より「クリムト展」が開催されます。それに先立ち東京・春・音楽祭が主催で東京都美術館講堂にてミュージアムコンサートがあり行ってきました。

まずよく行く美術館に講堂があり演奏会が出きるんだぁとびっくり。大きくはありませんがサロンコンサートみたいで良かったです。

タイトルは【ファム・ファタール――芸術家たちの女神】     この女神とはマーラーの妻   アルマのこと。

美しくて社交的な女性だけではなく、実際に作曲もして大変教養も高い人だったそうです。しかしマーラーと結婚してからは彼に作曲はしないように言われたそうです。1900年初頭の時代にはまだまだ女性が芸術をすることに何らかの制約があったのですね。

 

そのアルマの影響を受けた作曲家たちの歌曲コンサートでした。

まずマーラーから始まり、R.シュトラウス、プフィッツナー、ツェムリンスキー、シェーンベルク、ベルク、コルンゴルド。アルマ.マーラーの若い頃に作曲された歌も演奏されました。

私はR.シュトラウスとコルンゴルドしか歌ったことがないので未知の世界。でもピアニスト山田武彦さんが詳しく解説してくださったのでスッと入ってきて楽しむことができました。

ソプラノ天羽明惠さんの演奏は愛を感じ、世紀末のウィーンの気だるさを感じ、見てはいけないような色っぽさも感じ。

どの曲も素敵な演奏でした。

クリムト展のチケット、もちろん買ってあります。次は世紀末の混沌とした絵画の世界を堪能する予定です。

 

2019.4.1(月)

生徒さんにとっては新しい学年の始まり。

出会いと別れの季節です。

 

教室でも一人、生徒さんが卒業です。高校2年生の途中からピアノのレッスンに通っていたHさんが無事に短期大学を卒業して保育園の先生になりました。おめでとう!!

短大の生活はものすごく忙しく、予定を聞いているだけでこちらがあせってしまうくらい。その中で朝早く学校に行きピアノの練習していましたね。練習した分しっかりと上達していました。卒業演奏のソナチネはとまらず演奏でき目標の『S』の評価が取れました。学んできたことを生かして誰からも好かれる先生になってください。

 

3/20には、宝塚音楽学校の受験があり生徒さんが3名受験。一次試験に2名が合格しました。

25日の二次試験でバレエと声楽の試験でした。今までのレッスンでやってきたことを発揮できたと思いますが残念ながらその先には進めませんでした。

二人ともまた来年チャレンジすると気持ちを切り替えています。夢のタカラジェンヌになれるようにびしびしとレッスンしていきます。

そして、他の生徒さんは発表会の曲が決まり譜読みしています。やるからには一生懸命に練習して課題を一つずつクリアしていきましょう。

満開の桜ととに新学期がスタート。

どんな1年になるのかな?

 

 

 

2019.3.18(月)

2月に体験レッスンにお母さんとみえて入会されたJさん。スラッと背が高くてモデルさんみたい。

保育の勉強ができる私立高校に合格が決まり、入学したらすぐにピアノがありバイエルのレッスンが始まるとのこと。今までピアノを習っていなかったそうであわててレッスン開始。

 

左手の伴奏で壁にぶつからないように

長瀬まゆみ先生の『ピアノ・テクニックの本』で色々な伴奏型を先取り。またハ長調からト長調やへ長調への移動(転調)も同時に学びスムーズにバイエルが弾けるようにレッスンを進めています。

 

頭では分かっているのに指が思うように動いてくれない時もありますね。そんな時に焦ったりイライラしたりする生徒さんもいますが、Jちゃんは穏やかにピアノと向かい会っている感じ。とても大切な事です!

これから勉強と平行してピアノを練習していくのは大変だと思います。

保育園の先生になる夢に向かって努力していってください。ピアノの楽しさをたくさん伝えられるように私も工夫してレッスンしていきます。

2019.3.4(月)

渋谷・明治通り沿い、並木橋交差点のビル1階。弦楽器工房APCが運営するl’atelierのサロンホール。

天井が高く自然な響きのするDebussyで川井弘子先生のグループレッスンがありました。半年前から先生のグループレッスンを受けています。

5人で1時間半。クラシックの人もいればミュージカルの人もいます。今日は北海道や新潟から参加されている人とご一緒でした。

今までのレッスン歴は一対一がほとんどでした。なので他の方がどうやって変わっていくかを体感できるこのレッスンは私にとって画期的でした。

毎回私自身もたくさん気づきがあるレッスンで行くことが楽しみです♪

広い空間で歌えるので、響きをより敏感に感じられます。

2019.2.23(土)    10時30分~12時

コンサートが終わってからちょっと間が空いてしまいましたが…

大宮南公民館での春待ちコンサートに呼んでいただき演奏してきました。こちらでは3年ぶり3回目のコンサートでしてお顔を覚えているお客さまがチラホラと。ホームに帰ってきた気持ちで歌わせていただきました。

 

第1部は日本歌曲から始まり、マリー・アントワネットやモーツァルトの歌曲。最後はオペラのアリア。間に高澤さんのピアノソロで曲の関連性を持たせながらプログラムを組んでみました。

 

テレビのニュースや天気予報はボードなどを使ってとても分かりやすく解説していますよね。作曲者の活躍していた時代背景や同じ時代の作曲家同士の関係性などを初めての試みでしたが、私もボードを使ってマリー・アントワネットやモーツァルトのカラー画像やベルサイユ宮殿のお部屋の写真を用意してお話してみました。またその時代に日本はどんなことがあったか等、合わせてお話しました。

第2部は椅子に座って、会場のみなさんと一緒に複式呼吸の練習。

「どうして声は出るの?」っとみなさんに尋ねると      声帯がナンチャラこうちゃらと発言される声が聞こえましたがちょっと自信なさそう。

そこであのひと言。『ぼうっと生きてんじゃねーよ』で大爆笑!!        楽しい雰囲気の中で最後にみなさんと一緒に「手のひらを大陽に」「ふるさと」を歌ってコンサートは終了となりました。

 

プログラムや歌詞カードを担当者さんが用意してくださり、私たちは演奏だけ。色々なご協力のおかげで無事に終了致しました。ありがとうございました。

 

また来年も伺うことになっています。喜んでいただけるようなプログラムをじっくり考えます!

 

 

2019.2.16(土)

桶川市民ホール  響の森      ガラ・コンサートが無事に終了しました。多くのお客さまで後の席までぎっしり。会場にお越しくださったお客さま    どうもありがとうございました。

楽屋での会話。「たくさんのお客さまが入っていると嬉しいね」出演者みながいい気分でステージに立つことができました。

 

コーラスのみなさんは12月から何度もお稽古を重ねこの日を迎えました。楽譜に釘付けだった人も、本番ではオペラの場面に溶け込みお客さまにもお顔を見せて楽しそうに歌っていましたね。森音楽教室に通う大人の生徒さん3名も一緒にガラ・コンサートの舞台に立つことができました。カルメンのフランス語の読み方が難しく直前の個人レッスン時に練習しましたね。

 

半年ほど前から川井弘子先生のレッスンを受けるようになりました。音楽家にとっての骨骼の正しい意識を学び、少しづつですが今までの体の感覚とは違ってきたと実感しているところでの本番でした。

度々演奏しているホールだったので自分自身の変化がよく分かりました。でもその変化が不安にも感じてリハーサルではどうしたものかと戸惑いました。今までの私は耳からの自分の響きを聴いて、感じて歌っていました。今日は体からの声に耳を傾けて、体に任せて歌うことが出来たような気がします。大きな収穫でした。そして足りないこともよく分かりました。もっと精進していきたいです。

出演者のみなさま、オーケストラのみなさま、そしてスタッフのみなさま。たくさんの方々のお力添えのおかげで演奏することができました。感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 

2019.1.31(木)

 

昨年12月のとある日に逗子に出かけてきました。目的は山口蓬春記念館。シロクマの絵が有名。洋画から日本画に転向した方でとても温かい作品が多いです。

 

山口蓬春が住んでいたお宅が今、記念館になっています。お庭は奥さまが様々な木々やお花を集めてきて、手入れされたそうで素晴しかったです。

そしてアトリエが圧巻。大きな窓から光りを取入れお庭が一望できます。部屋からの景色は、まるで窓枠が額縁のよう。

 

その近くに神社があったので立ち寄ってみました。森戸神社です。

お賽銭を入れてフッと見たら『おせき稲荷』エッ    ビックリです。色々なお願い事がありますが、1番は元気に歌えること♪

帰りにしっかりお守りを受けてきました。

たくさんご利益がありますように…。

 

2019.1.31(木)

 

草花も私達人間もカラカラに…。待ちに待った雨がやっと降ってきました。このお湿りで少しは改善されることを祈ります!

 

学校や職場などでインフルエンザも流行しています。ここ2週間ほど風邪やインフルエンザでお休みの生徒さんが多いです。少しでも感染を防げたらと思って泡の消毒液を玄関に置いています。

 

宝塚音楽学校の受験生や音楽高校の期末の声楽実技試験前ということもあり、教室では細心の注意をしています。

ご家族の中でインフルエンザにかかった人がいるときは、無理をせず振替レッスンいたしますので申し出てくださいね。

 

2019.1.2(水)

新年明けましておめでとうございます。

昨年中は大変お世話になりました。また森音楽教室へのご理解、感謝いたします。

今年は亥。ちょっと亥のように私は突っぱしってしまう性格です。たまには立ち止まりながら、周りを見ながらやっていこうと思います。

今年もかわらないお付き合いをよろしくお願いいたします。

 

ホームページを初めて早いもので2年になります。教室の様子や私が感じたこと、演奏会などの感想をブログにあげてきました。もう少し頻繁にアップしようと思いつつ日々の慌ただしい生活に追われております。

今年は去年よりもたくさんブログをアップしようと思います。

生徒さん達のレッスンでは、私自身が生徒さんより多くの刺激をもらっています。体の変化により目を向け、感じながら歌っていきたいと思います。

看板犬の空ちゃん(シーズー  7歳)

COPYRIGHT © 2016 Mori Yoko Music School All Rights Resereved.