ページトップへ

2020.3.9(月)

世界のあちこちにコロナウイルスが広がり。テレビをつけると新型コロナウイルスのニュースばかり。学校がお休みになり、演奏会やイベントが中止になり、不穏な空気はいつまで続くのでしょうか?

 

今日はぽかぽかで春を感じられました。買い物に出掛けると大きな真っ白いモクレンの花が満開。きれいな花を見ると心が優しくなります。こんな時だからこそ、自然を感じながら過ごしていきたいと思います。

少し前の記事で読んだのですが、ヨーロッパでもティッシュやトイレットペーパーを求めて人々が殺到していると。パスタや缶詰なども品薄になったとありました。

日本とは違うのは、お花屋さんでお花も買い求めているとありました。(どこの国だったかなぁ?)何だかいい話だなぁと感心しました。心にゆとりをもって日々生活していきたいものです。

 

森音楽教室では、毎年宝塚音楽学校の受験生や音楽高校などの受験生がいるためインフルエンザ流行時はアルコール消毒をしてお部屋に入るようと小学生のピアノ生徒さんには言っていました。

新型コロナウイルスの感染拡大も怖いのですが、1年間頑張ってきている宝塚受験生もいるし、学校がなくなってストレスを感じている生徒さんも多いと思ってレッスンは通常通り行っています。

・アルコールジェルで消毒

・お部屋の換気

・空気清浄機の使用

・電動ファン付きのウイルスオフ設置

気をつけられることをすべてやりながら、今のところレッスンをしています。

早く日常生活が戻ってきますように。。。

 

 

1年ほど前からレッスンしている、外部生の生徒さんが埼玉大学教育学部音楽科に合格しました。

そして今日は勉強と両立しながら声楽レッスンに通っている中3の生徒さんが志望校に合格しました。

おめでとうございます!

 

 

2020.2.24(祝)

伊奈町の小学3年生のUちゃんが2月からレッスンに通っています。

体験レッスンの日は私自身もどんな生徒さんかな? 音楽の楽しさをうまく伝えられるかな? と、緊張しています。Uちゃんはニコニコ笑顔で話を聞いて、返事もしっかり。初めて会ったとは思えないほど、いい雰囲気の中で体験レッスンができました。そして2月からピアノと歌を半々づつでレッスンしています。

ヤマハの幼児科さんに通っていたそうで経験あり。音符がしっかり読めるように基礎から新しい気持ちでスタートしています。目標は「お人形の夢と目覚め」を弾けるようにしたいそうです。

歌の生徒さんには、声が出る仕組みを理論的に話ながらレッスンしています。

Uちゃんに「どうして声が出るの?」と質問したら「歌うパワーがあるから」との答え。

「そのパワーはどこにあるの?」ともう1つ聞いてみたら「この辺!」とお腹のあたりを指差していました。

いやー、Uちゃんの感性に圧倒されました。

そうです。。。パワーがないと歌えないです。理論より歌うパワーが大切ですね。Uちゃんの可能性は無限大。

DSC_2293

2020.2.24(祝)

去年にひきつづき、大宮南公民館の介護予防事業「春まちコンサート」にお声をかけていただき、演奏してきました。

《春》《65歳以上の方対象》この2つのテーマで高澤亜依子さん(伴奏とピアノ独奏)とプログラムを考えてきました。聴いてくださる方が知っている曲を選ぶ…これって本当に難しいです。知っている曲と、初めてでもすっと心に染みていく感じの曲、私たちが演奏したい曲。。。

プログラムを組む時も二人で悩みながら決めました。お客さまの反応をみていると、(我ながら)結果的にいい曲ならびになったかなあと感じました。

DSC_2301

フランスの作曲家 ミヨーの「神さま お護りください」を演奏しました。ミヨーはフランスからアメリカに渡った近代の作曲家。フランスの雰囲気もありつつ、リズムや和音にはジャズの雰囲気もある曲で難曲でした。嬉しいことに終わったあとにその楽譜が欲しいと言われたお客さまがいました。私自身がこの曲に出会った時にときめいて、ビビッときた曲でしたので、同じような感覚を持っていただけたのかなあと嬉しく思いました。

コロナウィルスが流行中の中での開催。会場のイスから受付の台などすべてアルコールで拭く。受付をしながら全員の方の健康チェック。イスはひとつづつ離して並べる。休憩中は窓明けして換気する。

公民館のみなさんが、安心してコンサートができるよう細やかに準備してくださったお陰で会場のお客さまも、私たちも楽しい時間を過ごすことができました。感謝の気持ちでいっぱいです。

DSC_2297

2020.1.14(金)

1月の末に、体験レッスンにみえた小学4年生Kちゃん。お母さんと少し緊張気味にレッスン室に入ってきました。初めての教室は大人でも緊張します。硬くならないようにKちゃんの様子をみながらレッスンをしようと心掛けてみました。

他の教室へレッスンに通っていた生徒さんでした。バイエル後半まで進んでいます。毎日30分ピアノの練習を欠かさないで続けていたがんばり屋さんです。

手首に力が入っていて、腕や指が自由に動かすことができてないなぁと感じました。『プレ・ピアノランド①』にある「ぱっちん ふわーっ」「うーわっ」「きつねとうさぎ」のページを使って打鍵の脱力やパワー強化、指の独立を歌いながらの指の準備運動を中心にレッスンをやってみました。そして2月からレッスンを始めることになりました。

Kちゃんには、この一連の指の準備運動と『ピアノテクニックの本』で脱力を身に付けてもらいたいのでしばらくは、修行ね!と伝えてあります。

今は楽しくないかもしれませんが、この先色々と楽しく弾けるようになるためにまずは修行!

1週間後のレッスンでは、もうしっかり変化が現れていました。がんばり屋ですからね。とても嬉しいです。

遠回りのように見えるかもしれませんが、優しいピアノの音が出せるようになります。

がんばってレッスンしていきましょうね。

DSC_2286

2020.2.8(土)

1月に川島町の小学1年生Sちゃんが体験レッスンを受けられました。そして今日からレッスンスタートです。

3年くらい前からヤマハのグループに通っていてそろそろ個人レッスンに変えようかとおばあちゃまが思っていたそうです。Sちゃんのおばあちゃまはこの教室に声楽レッスンに通ってこられている方。レッスン中にひょんなおしゃべりから、お孫さんのピアノの話になりまして体験レッスンをやってみることになったのです。本人(Sちゃん)の知らないところでレッスンの約束をして連れてこられていました(笑)

グループレッスンで取り組んでいるディズニーの曲をやってみることに。シンコペーションやタイなどがあり小学1年生にはちょい難しいなあという印象でした。楽譜より耳から入るレッスンがヤマハのやり方。しかし耳コピが出きてるところは弾けていても、ちょっとあやふやな箇所は弾けないですよね。

私のレッスンでは、シンコペーションは『ステーキ』や『ポタージュ』など身のまわりの言葉をヒントに理解をしてもらってます。

Sちゃんの楽譜に『ステーキ』って書いてみたらあやふやなところが完璧に! 弾けるようになるとSちゃんのお顔が変わってきました。とっても楽しそう。

楽しく弾いている姿をみると、こちらも嬉しいですね。子供らしい、素直な表情をみせてくれる生徒さんです。

ブログ用に写真を撮らせてってお願いしました。撮った写真を見せたら「かわいい!!」と一言。とびっきりの笑顔がいいですね。

このまま素直に育ってね。レッスンが楽しみです。

DSC_2285

2020.1.31(金)

先日の26日(日)に東京宝塚劇場にて宙組公演を観劇してきました。

105期生 宙組に配属になりました生徒さんの舞台を初めて観劇しました。

今年のお正月に【好き好き計画】(私のやりたいこと、目標&夢)を立てたのですがその1つがこの宝塚劇場に行く!!!があったのです。

たまたま家族が仕事関係で宙組のチケットが手に入るということで願いが叶ったのです。1月早々に夢が叶った~

前から6列目 端っこの席ではありましたが間近で、飛びっきりの笑顔を観ることができ幸せ!

花道で生徒さんの姿も見つけられ、思いっきりブンブン手を振っちゃいました(笑)

初めてレッスンに来た日を思い返し、出来なかったことが少しづつ出来るようになった日を思い返し、合格しましたの電話の声を思い返し…。胸が熱くなりながら立派な舞台人になった姿を追いかけるように見つめていました。

宝塚は夢の世界と言われていますが、本当に夢のような世界でした。はまっちゃうのも分かるなぁ~

DSC_2267

何度も観劇するお客さんの気持ちがよくよく理解できました。

DSC_2276

2020.1.31(土)

先日24日に杉並 永福町駅から少し歩いた住宅街の中にあるsonoriumu(ソノリウム)でのリサイタルに行ってきました。

中嶋俊晴さんはヘンデルのオペラ『リナルド』を観た後からブログを拝見していまして音楽に対して真摯に向き合っておられる方だなぁと思っていました。また関西人のノリで楽しいブログにクスッとしながら楽しく読んでいました。そのブログでリサイタルのことを知りました。

ピアニストさんが2年以上前まで今は亡き島田準子先生のレッスンの時に伴奏をお願いしていた白取さんだったのです。いつも包み込むような柔らかいピアノの伴奏に音楽の新たな気づきがたくさんありました。今思い返すと何とも至福なレッスンだったなぁと懐かしく思い出されます。

さて、リサイタルはと言いますと「いのちの対話」とあるように淡々と言葉が大切に語りかけてきました。歌のリサイタルではありますがお客さま一人一人に言葉を大事に届けているなぁとの印象。 さらさらと優しい時間が流れているようでした。

加藤昌則作曲/井上靖作詞 《挽歌》は心の柔らかくて深いところに響いてくる素晴らしい演奏でした。歌いながら中嶋さんの右目からぽろっと一粒涙が流れているのが席から見えました。役者さんのようですね。

白取さんのピアノは時にメロディや和音を先回りして奏でたり、感情いっぱいに表現したり、ぐっと抑えて表現したりと絶妙な演奏で素晴らしかったです。伴奏を弾いているところしか観たことがなかったので吉松隆の《ピアノ・フォリオ》や武満徹の《雨の樹素描Ⅱ》の独奏は白取さんのまた違う一面を味わうことが出来てとても良かったです。

また機会があったらぜひ演奏会に行ってみたいと思っています。

リサイタル後に白取さんと記念に1枚写真を撮らせてもらいました。

DSC_2275
DSC_2261

2020.1.15(水)

13日に豊洲シビックセンター・ホールにてガラ・コンサートが無事に終りました。埼玉から遠いところまで聴きに来てくださった生徒さん。それから友人のみなさま お客さま 温かい応援をありがとうございました。

遠くにレインボーブリッジ そしてオリンピック会場が見えて見晴らし最高!


ピアノはファツィオリ。テレビで見たことありましたが、本物は初めてでした。明るい、温かみのある音色。このピアノで、このホールで演奏の機会をいただけて幸せです。

パネルが閉まるとシックな雰囲気に変わります。

演奏はといいますと、久しぶりに緊張しました。口から心臓が出そうなくらい緊張しました。たぶん『この道』が最初の曲だったから…。お客さま自身にイメージがしっかりとある曲は本当に怖い。歌の世界と受け取ってくださるお客さま世界観が糸のように折り重なって、広がっていかれたらいいなぁと思いながら演奏しました。

フランス歌曲は、まだまだやりたいこと、表現したいけど力不足で出来ないことがありました。1年後か 2年後か分かりませんが またレパートリーとして歌ってみたいと思っています。

アンコールは会場のみなさまと『冬の星座』を歌いました。ご一緒した出演者のご家族が撮った写真をいただいたので記念にアップします。

2020.1.6(月)

~音楽島 ガラ・コンサート~

日時2020.1.13(月 祝)

時間 13時30分開演(開場13時)

場所 豊洲シビックセンター・ホール

入場料2000円

ガラ・コンサートまであと1週間。

◆山田耕筰作曲 歌曲集『風に寄せて歌へる春の歌』より Ⅰ.青き臥床をわれ飾る Ⅱ.君がため織る綾錦 Ⅲ.光にふるひ、日に舞へる Ⅳ.たたえよ、しらべよ、歌ひつれよ

三木露風作詞の作品。文語体の歌詞なので言葉がすっと入ってこず、もっと詩の世界を膨らましていかないといけないところです。ピアノが歌の言葉のニュアンスを繊細に表現しているので和音の移り変わりをよく聴きながら演奏できたらと思っています。

◆山田耕筰作曲 この道

◆ショーソン作曲 蜂雀

とにかくメロディーが美しい曲。キラキラと色彩鮮やかに音色が変化できるように歌っていきたいです。柔らかさの中にフランス語の子音が奥にいかないように気をつけたいです。

◆ミヨー作曲 『ロンサールの歌』より *第3曲 おだまり、おしゃべりひばりよ *第4曲 神様護ってください

難しい曲に挑戦します。選んでから後悔しました(笑) ここまで来たらやるしかない!音楽が体にしっくりくるように歌いこんでいきたいです。

ピアノ伴奏の小島好弘先生が解説しながらすすめていく演奏会です。

お時間がございましたら、ぜひお出かけくださいませ。チケット問い合わせは私までよろしくお願いします。

2020.1.1元旦

明けましておめでとうございます。昨年もたくさんの方に支えていただき、また新しい出会いに感謝の気持ちでいっぱいです。

今年はネズミ年! (でも1月が過ぎると何年かを忘れてしまうのですが…)ネズミのようにちょこまかと色々なことに興味をもってフットワーク軽く動き回れたらと考えています。

教室の生徒さん達とは、敏感に何を思っているのかを感じとり、的確なアドバイスができるように私自身も勉強していきたいと思います。

新しい年がみなさんにとって笑顔溢れる年となりますように!

本年もよろしくお願いします。

COPYRIGHT © 2016 Mori Yoko Music School All Rights Resereved.